シーゼンクラブ

将来を担う子供たちの未来のために親子で学んでほしい情報を紹介

NPO法人都城ふれあいの丘・里山カレッジ「しいたけの菌床打ち教室」で環境教育

NPO法人都城ふれあいの丘・里山カレッジ「しいたけの菌床打ち教室」で環境教育

自然豊かな「ふれあいの丘」のイベントに参加してみませんか?

2016年2月13日(土)、宮崎県都城市山田町にある体験型施設「ふれあいの丘」で、NPO法人都城ふれあいの丘・里山カレッジ主催の「しいたけの菌床打ち教室」が開催されました。朝からの強風と大雨で一時は開催が懸念されましたが、開始時刻には雨も上り晴れ間も見えた中、21名が参加しました。
参加者の多くが親子や三世代の家族で、和やかな雰囲気の中、しいたけの菌の種駒を原木に打ち込む作業を体験しました。都城ふれあいの丘のスタッフの指導のもと、まずは原木にドリルで種駒を打ち込むための穴を20個ほど開け、種駒を穴に金槌で打ち込みました。ドリルや金槌を初めて使用する参加者も多く、貴重な体験を存分に楽しんでいました。参加者は、しいたけの栽培を通じて里山の暮らしや山林環境の改善に関心を持つきっかけにもなったようです。
参加者には、お土産として秋の収穫が楽しみなしいたけの菌床栽培用のブロックが渡されました。さらに、教室の終わりには、「ふれあいの丘」の近隣で栽培された無農薬の紅はるかの焼き芋が振る舞われ、皆大喜びでした。
地元テレビ局・UMKテレビ宮崎がイベントの様子を取材に来ており、当日の夕方のニュース番組でも放映されました。
家族で参加された女性の方は、「スタッフの方がとても親切で、大変分かりやすく教えてくださってよかったです。設備もキレイで、動物もいてのどかなでいい場所。また、参加したいと思います。」と満足されていました。

NPO法人都城ふれあいの丘・里山カレッジ「しいたけの菌床打ち教室」で環境教育

NPO法人都城ふれあいの丘・里山カレッジ「しいたけの菌床打ち教室」で環境教育

NPO法人都城ふれあいの丘・里山カレッジでは、毎月1回体験型施設「ふれいあいの丘」でさまざまなイベントを開催しています。
次回は、3月12日(土)に「シラス壁手形&シラスマグネットづくり」が開催予定です。
シラス壁を使って手形を作ったり、リサイクルペットボトルキャップに詰めて自由にデコレーションしたオリジナルマグネットを作ったりします。
シラス壁は、地元の企業・高千穂シラス株式会社の製品で、火山噴出物・シラスを原料とした100%自然素材の壁材です。高い消臭機能、調湿機能を持つだけではなく、臭いやホルムアルデヒドなどの化学物質を吸着し、時間が経っても再放出しません。ワークショップで作ったシラス壁の手形やシラスマグネットは持ち帰ることができますので、シラス壁の機能をご自宅で体感していただけます。
早春の週末に自然豊かでのどかな「ふれあいの丘」でお過ごしになられてはいかかでしょうか?

◆開催日時:2016年3月12日(土)10時~12時 ※受付開始:9時30分~ 
◆内容:「シラス壁手形&シラスマグネットづくり」

自然素材100%のシラス壁材を使った手形や、リサイクルペットボトルキャップにシラス壁を詰めて、ビーズや木の実、野花で自由にデコレーションしてオリジナルマグネットを作ります。
作った作品は全てお持ち帰りいただけます。
◆参加費:1,000円/手形1個 ※シラスマグネットは無料
◆申込締切:3月11日(金)12時 ※事前申込みが必要です。
◆その他:多少汚れてもよい服装かエプロンをご持参のうえ、ご参加ください。なお、シラス壁は、洋服等に付着しても、洗濯すれば落ちますのでご安心ください。

NPO法人都城ふれあいの丘・里山カレッジ「しいたけの菌床打ち教室」で環境教育

NPO法人都城ふれいあいの丘・里山カレッジ

NPO法人都城ふれいあいの丘・里山カレッジ

〒889-4602
宮崎県都城市山田町中霧島4480

自然素材主義パートナー紹介