シーゼンクラブ

環境団体の活動情報やイベント情報など環境に関するさまざまな情報を紹介

「海の日」表彰式典 平成29年(第22回)

「海の日」表彰 株式会社高千穂が受賞!

平成29年7月21日(金)に横浜市開港記念会館講堂にて、関東運輸局、関東地方整備局、第三管区海上保安本部との共同で開催された「海の日」表彰式典(海事関係功労者表彰)において、株式会社高千穂は、国土交通省関東地方整備局長表彰【港湾空港功労(振興発展)】を受賞いたしました。この「海の日」表彰式典は、「海の月間」(7月1日~7月31日)に国民各層に「海の日」の意義を幅広く定着させるべく海事思想の普及をはかり、もって海洋国日本の発展に資するための国民運動として、国土交通省が中心となり関係省庁、地方公共団体や海事関係諸団体の協力を得て実施する今年で、22回となる式典です。

海の日表彰式典/


株式会社高千穂は、2013年秋より開始された東京湾再生のための官民連携を柱にした「東京湾再生行動計画(第二期)」の施策のひとつである、国道交通省関東地方整備局及び横浜市港湾局が指定した海域においてアマモ場再生事業に取り組む活動「東京湾・海(Umi)をみんな(Min-na)で愛(I)するプロジェクト(以下UMIプロという)」の認定企業として、NPOや市民ボランティア、一般市民等と協働でアマモ場再生活動を継続して行っています。アマモ育成管理は、一年にわたり秋の「苗床づくり」、春の「移植会」、夏の「種子選別会」そして、種まきから移植する大きさに成長するまでは、アマモを水槽で育てるため社員が協力し合い水槽管理を実施します。また、UMIプロ活動についてより広く知ってもらえるよう、水槽清掃を体験する市民ボランティアの募集や一般市民へアマモ観察会や環境学習会などの開催、さらに、活動内容を随時ホームページにおいて公表し、アマモ場再生を通じて東京湾の環境再生、環境改善の意識向上に貢献されました。
このような企業、NPO、市民等の協働による積極的な取り組みは、東京湾の海域環境改善に大きな期待が抱けることになるので、今後も株式会社高千穂を含めたUMIプロの活動に注目していきたい。

今までの活動は、東京湾UMIプロジェクト特設ページをご覧ください。

自然素材主義パートナー紹介