自然素材主義研究所

生活に役立つ自然素材の可能性をみんなで追求していくコミュニティの場。

自然素材ストーリー

伝統工芸品から生まれた「土佐和紙壁紙」

伝統工芸品から生まれた「土佐和紙壁紙」

世界に誇る土佐和紙の技術と機能性が壁紙に!

近年、住宅の内装材として自然素材が見直されてきています。そのきっかけは、シックハウスや化学物質過敏症の原因が、化学物質を含む塗料や新建材から発するホルムアルデヒドなどVOCと推察されたことにあります。建材から発散される化学物質について誰もが不安を抱くようになり、ついに平成15年7月に改正建築基準法が施行されました。改正法では、居室を対象に建築物の気密性の区分、居室の種類、換気設備の区分及び建材の等級に応じて、内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材の面積制限が設けられ、また、クロルピリホスを発散する恐れのある建材は使用を禁止されるようになりました。
建材には、ホルムアルデヒドの発散量を示す「F☆☆☆☆」が表示されるようになり、同時に建材としての自然素材の良さが見直されるようになっていったのです。多くの建材メーカーが“自然”や“天然”をキーワードにそれぞれの商品や製品をアピールするようにもなりました。
しかし、100%自然素材で作られている建材は実に少ないのが現実です。中にはほんの一部に自然素材を使っているだけの建材もありますし、表示されている「F☆☆☆☆」もホルムアルデヒドを全く発散しないことを確約するものではありません。 意外とご存知ない方もいらっしゃるのですが、「F☆☆☆☆」は28℃の温度条件において、1時間で建築材料1㎡当たりから発散されるホルムアルデヒドの量が5μg(0.005mg)以下であるということを示しているだけです。つまり、F☆☆☆☆の建材でも、室温が28度以上になったときに、ホルムアルデヒドの量が5μg(0.005mg)以下であるとは限らないのです。通常、温度が上がれば発散速度は変わり、量も増えます。また、ゼロではないということは、密室状態では時間が経てば発散された分だけ室内の濃度が上がることにもなります。省エネの面から推奨されている高気密の家では、室内のホルムアルデヒドの濃度が上がりやすいということになります。さらに、F☆☆☆☆はホルムアルデヒドの発散量のみについて示すもので、それ以外の化学物質の発散量について示すものではありません。ホルムアルデヒドの他にも、室内の空気を汚染する化学物質として、VOC(揮発性有機化合物)があげられ、主なVOC13種については厚生労働省でも室内濃度の指針値を示しています。
だからこそ、本物の自然素材の内装材が見直されているのです。それらは、安心・安全・健康的であるだけではなく、自然が作り出した複雑な構造は機能性・快適性においても優れた性能を発揮します。

和紙は、そんな機能性・快適性に優れた自然素材で作られた内装材のひとつです。
和紙が洋紙よりも丈夫と言われるのは、和紙の原料である楮の繊維が長く太いからといわれています。また、その独特な工程も上質で丈夫な紙を作り出す要因といえるかもしれません。和紙は原料である植物が持つ機能をそのまま受け継いでいるといっても過言ではないほど、多機能です。湿度が高い時は湿気を吸収し、乾燥したときには放出する調湿性があり、また、独特の繊維が光を乱反射させるため、照明の灯りや日光を柔らかくする調光機能もあります。光と同様、音も分散・乱反射しますので、音が柔らかくなり、部屋からもれる音も軽減できるといわれています。リフォーム時には、既存の和紙のうえに重ね貼りすることも可能です。原料は植物ですから燃えても埋めても有害物質を出さず、人間にも環境にも優しい材料です。
和紙は日本全国、土地それぞれの工夫がなされ、古くからその技術が伝承されてきています。土佐和紙もそんな古より伝承されてきた伝統工芸品です。土佐和紙は、930年に紀貫之が国司として土佐へ着任し、国府付近で官用紙を漉かせたのが土佐紙のはじまりという説があるほど古くから存在します。
その後、土佐藩主山内一豊が、土佐七色紙を幕府に献上したことをきっかけに土佐の御用紙制度がはじまりました。藩は紙漉きを保護するとともに、その優れた技術の流出を厳しく取り締まったほど、紙漉きは藩にとっての重要産業であり特別な技術であり、貴重な工芸品だったのです。
その優れた土佐和紙の伝統と技術は、現在まで継承され、1976年(昭和51年)に土佐和紙が国の伝統的工芸品として指定され、1977年(昭和52年)清帳紙は無形文化財に、そして、1980年(昭和55年)土佐和紙が高知県保護無形文化財に指定されました。土佐和紙が無形文化財にいかに相応しいかよくわかるのが土佐典具帖紙ではないでしょうか。土佐典具帖紙は、高知県産の良質な楮を原料とし、きわめて入念にちりひとつなく洗浄し、不純物を除去して作られます。強靱でありながら繊維が均一に絡み合って美しく、「カゲロウの羽」と称されるほど薄く、それはまさに工芸品です。文化財修復材としても世界で大変注目されています。

このような伝統的な技術があったからこそ「土佐和紙壁紙(漉き込み和紙クロス)」が誕生したといっても過言ではありません。和紙の持つ優れた機能と美しさを兼ね備えた壁紙を、内装の仕上げ材として使えば、格調高く仕上げることはもちろん、シンプルにもモダンにも、和風にも洋風にも仕上ることが可能です。「土佐和紙壁紙」(販売:株式会社クロスロード)は、2012年に行われた第11回高知エコ産業大賞で優秀賞を受賞した優れたエコ商品でもあります。

私たちの生活は、今や化学物質抜きには成り立たないといっても過言ではありません。そんな中、VOCの発生も建材だけではなく、家具や衣類などの防虫剤、殺虫剤、芳香剤、防カビ剤、灯油など、ありとあらゆるものが発生源となっています。せめて、心も身体も健やかに安らぐ場である住まいの壁材には、人にも地球にも優しく、上質なものを使いたいものです。

伝統工芸品から生まれた「土佐和紙壁紙」


なお、株式会社クロスロードの「土佐和紙壁紙」はこちらから詳細をご覧下さい。

株式会社クロスロード

株式会社クロスロード

高知県土佐市高岡町丙432
TEL:088-852-1166
FAX:088-854-5811

自然素材主義パートナー紹介