自然素材主義研究所

生活に役立つ自然素材の可能性をみんなで追求していくコミュニティの場。

自然素材ストーリー

「第20回リフォーム産業フェア2017」取材レポート

「第20回リフォーム産業フェア2017」取材レポート

“第20回リフォーム産業フェアで発見!暑い夏場もこれで安心、環境にやさしい商品”とは?


2017年7月11日~12日の2日間、東京ビッグサイトにて、住まいに関する設備・建材や企業向けの営業支援ツールなど、住宅営業に最適な商品・システムやサービスなどの情報が一堂に集結する専門展示会「リフォーム産業フェア」が開催されました。リフォーム事業者、工務店、ハウスメーカー、設計事務所、専門工事会社、ゼネコン、ディベロッパー、不動産会社、商社・流通、住宅設備・建材メーカー、一般の方、合わせて2日間で8,484名が来場しました。
 
今回のリフォーム産業フェアは営業支援のシステム・サービスを集めた「営業支援」、「デザイン建築」、「高機能建材」で構成されていました。様々な製品やサービスが展示されていた中で、編集部が注目した商品をご紹介いたします。

■高千穂シラス株式会社 ライフニックス事業部

「第20回リフォーム産業フェア2017」今回こちらのコーナーでは、リフォームに適した「シラス壁」の紹介がされていました。「シラス壁」とは宮崎県都城市の火山噴出物からなるシラス台地を採取しつくられた左官塗壁材で、優れた調湿機能や消臭機能があります。コーナー内に機能を体感できるキットや下地処理から仕上げパターンまでを間近で見ることが出来る施工実演などが催され、盛況でした。その中でも気になった商品は無機系塗料「レインシャットシリーズ」です。「レインシャットシリーズ」は新たな商品ラインナップを加えて、「レインシャット5000」「レインシャットクール&エコ」「レインシャットスーパーエコ」の3商品からなる水性無機高分子系塗料です。「レインシャットシリーズ」は高千穂グループで発売以来、神奈川県内だけでも1万棟以上の施工実績のあるヒット商品です。
静電気を帯びにくい無機系塗料であるため、汚れがつきにくく、傷や摩擦にも強く美観が長持ちします。塗膜は雨をしっかりはじく上に通気性もあるため、結露・カビも防ぎます。「レインシャットシリーズ」があればジメジメとした梅雨時期も暑い夏場も、家中が爽やかです。日本は雨が多く、1年間にほんのわずかでも雨が降った日数は、100日以上に及び、3日に1日程度は雨が降っていることになります。雨だけでなく湿度も高く、湿度の平均は約60~70%、夏場では75%を超えています。特にこの梅雨時期から夏場にかけては湿気に加えて気温も上昇し、夜寝苦しいといった思いも軽減されます。また、水性塗料のため、ペンキの臭いもほとんどせず、環境に配慮した安全な塗料です。「レインシャットクール&エコ」には遮熱の機能があり、実証データでは室内温度で3~4℃の温度低下があるそうです。そして、「レインシャットスーパーエコ」には遮断熱の機能があり、夏場の壁面温度の上昇だけでなく、冬場の冷たい外気温の伝道を抑える効果もあります。実際に遮断熱機能が体感できる照射温度比較キットが展示されており、一般的な有機塗料と比べて、「レインシャットスーパーエコ」の表面温度は約20℃も低く、その差に驚きました。顔料も無機質であり、100%自然素材であるため、安心して梅雨時期や夏場だけでなく、四季を通じてその耐久性や機能性を実感できる画期的な商品でした。

「第20回リフォーム産業フェア2017」取材レポート

■デザイン建築ブース 日本エムテクス(天然スタイル)


卵の殻でつくられた「エッグタイル UFUFU」とコルク栓の製造プロセスで出るコルクのあまりでつくった壁紙「天然スタイルリコルク」が紹介されていました。日本エムテクスは資源循環型社会づくりに貢献したいという思いで商品開発をしています。どちらの商品も廃棄されるものを最終製品として活用されており、環境にやさしい商品です。インテリアとしても楽しめ、ご自宅はもちろんですが、飲食店など公共の場でも良い雰囲気づくりが出来るのではないでしょうか。

「第20回リフォーム産業フェア2017」取材レポート

100%自然素材主義 編集部

100%自然素材主義 編集部

自然素材主義パートナー紹介