自然素材のアイテムを見る~自然素材コレクション~

自然素材に関連する厳選されたアイテムをカテゴリー毎に紹介

竹箸「煤竹箸」

商品の特徴

煤竹とは江戸時代より明治にかけて建築された藁葺屋根の骨組みや天井に使用された竹が竈や囲炉裏の煙で長年の歳月により燻されてできたもので、藁葺屋根の家屋が無くなっている現在、極めて貴重な素材といえます。

熟練した箸職人が心を込めて一膳一膳、丁寧に作り上げました。
魚の小骨を取ったり、豆腐をはさんだり、その使いやすさは一度お使いになられるとおのずとお分かりいただけるでしょう。



開発の背景

この箸は主に約二百年間以上燻され続けた煤竹を使用し、典雅な味わいは古今より珍重され他に比類するものがありません。
また、材質も堅く引き締まっており箸材として最高の素材といえます。
燻され具合により色の濃いもの薄いものがあります。

箸先を今までより細めに削りました。
全体にほっそりとした作りですので、手の大きな男性には使い辛いと思います。

主成分
(素材・成分)
200年前の竹(日本製)
サイズ・容量22cm、23.5cm
価格1,620円(税込)
備考銀行振込(前払い)でご購入の場合、ポストにお届けする送料無料サービスをご利用頂けます。
竹箸「煤竹箸」
竹箸「煤竹箸」
竹箸「煤竹箸」
竹箸「煤竹箸」
竹箸「煤竹箸」
画像をクリックすると上に大きく表示されます

商品の購入方法及び問い合わせ

オンラインショップ【楽天市場】

下記からもご購入頂けます。

この物件を施工したのはこちらの企業です

自然素材主義パートナー

暮らしの中の竹工芸

竹工芸 朱竹堂

大分県別府市朝見1-13-36

TEL : 0977-25-8883
FAX : 0977-25-8883
URL : http://shuchikudo.ocnk.net/

朱竹堂の竹細工は、真竹を手作業で一本一本加工していきます。商品によっては、青竹を何の加工もせずに使用したりします。弾力性、硬さ、耐久性などが異なる種々の竹材が利用目的によって使い分けられます。丁寧な手仕事が、竹工芸の基礎をつくります。
時代の変化とともに工芸品へと発展してきた「別府竹細工」。今もなお受け継がれる別府の伝統工芸です。

この企業のHPを見る

同じカテゴリーの自然素材アイテムをピックアップ

nokutare コースター

[生活雑貨]
nokutare (TS産業)

このアイテムを見る

nokutare まめ皿

[生活雑貨]
nokutare (TS産業)

このアイテムを見る

箸・箸箱 ささふし美(ささ美・ふし美)

[生活雑貨]
株式会社ユニオン産業

このアイテムを見る

パズル型抗菌シート バンピース

[生活雑貨]
株式会社ユニオン産業

このアイテムを見る

えこはしくん手作り箸キット(体験仕様)

[生活雑貨]
チエモク株式会社

このアイテムを見る

自然素材主義パートナー紹介