ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.001 「屋根の棟押さえ鉄板は一度取替えましたか?」

講座No.001-1 「屋根葺きと棟押え鉄板の重要性」

はじめに、化粧スレート葺や金属板葺を簡単に説明します。図1-2は、化粧スレート葺や金属板葺の一般的な様子を示したものです。どちらも、野地板の上に防水紙(アスファルトルーフィング)をふき、その上にそれぞれの屋根葺き材が使われます。屋根の形にもよりますが、一般的な切妻や寄棟などのタイプには、全て棟押え鉄板(棟包み板)が付くものです。

「屋根葺きと棟押え鉄板の重要性」

図3は、棟部分の断面の様子です。野地板の上に防水紙、屋根葺き材を順に葺いた上に、貫板(棟板)を屋根面に対して打ちつけます。棟押え鉄板(棟包み板)は、この部分全体を包むように金属板を取り付けることで、屋根葺き材を押えると共に雨の浸入を防ぎます。

「屋根葺きと棟押え鉄板の重要性」

棟押え鉄板(棟包み板)は、釘を貫板(棟板)の側面に対して打ち、留め付けます。金属板の厚さ、釘の長さや留め付けの間隔、貫板(棟板)の厚さ・幅などは、葺き材や葺き方によって基準や仕様が定められています。このように、棟押え鉄板(棟包み板)は、屋根をしっかりと固定し、風雨から家を守る要の部分ですが、一番傷みやすい部分でもあります。しかし、その耐久性は、立地条件、日当たり、風当たりなどの諸条件によって変わってきます。また、目立たないが傷みやすい部分が、棟押え鉄板(棟包み板)の下地である貫板(棟板)です。貫板(棟板)は木製なので、約7~10年で結露などにより劣化し、やせたり腐ったりして釘が浮いて効かなくなり、台風や春一番の突風で飛ばされることもよくあります。飛んだ金属板が近隣の家や車を傷つけることさえあります。棟押え鉄板(棟包み板)が無ければ雨が浸入するのはもちろんのこと、葺き材そのものも不安定になります。

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

屋根・雨樋
屋根・雨樋
講座No.001「屋根の棟押さえ鉄板は一度取替えましたか?」
講座No.002「瓦漆喰の手入れは行っていますか?」
講座No.003「雨の日に雨樋から水が溢れて、バチャバチャ音を立てていませんか?」
講座No.059「瓦葺き屋根で地震のときにコワイと感じた事はありませんか?」
講座No.064「軒裏が雨漏りでシミていたり、腐ったりしていませんか?」
講座No.096「屋根の葺き替えは考えた事ありませんか?」

自然素材主義パートナー紹介