ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.034 「湯沸器の調子は悪くありませんか?」

講座No.034-2 「省エネで多機能な最新ガス給湯器」

今、湯沸器は非常に進化しており、10年前とは大きな変化を遂げています。かつては、キッチンの湯沸器と浴室の風呂釜が別々に設置されていることが多かったのですが、今は給湯器として風呂釜と一体となっている形式が主流で、機能性も快適性も大きく向上しています。もし、お使いの湯沸器や給湯器が10年以上前のものであまり調子がよくないのであれば、いつ壊れるか気に掛けながら使うよりも思い切って交換する準備を始めることをお勧めします。その際、たとえ給湯器だけの交換であっても、将来のキッチンやバスルーム、洗面化粧台などのリフォームと合わせて考えておくことが、無駄を省くことに繋がります。最新のガス給湯器は給湯機能だけではなく、浴室乾燥機や床暖房システムの機能を合わせ持つこともできますので、将来のライフスタイルやリフォーム計画とともに考え、信頼できる業者によく相談するようにしましょう。
また、最近の給湯器は、省エネ性が高く、CO2の排出量を抑えたものもいろいろと発売されています。実は、家庭部門のエネルギー消費量は年々増加しており、図1が示すように1世帯当たりの用途別エネルギー消費では、給湯は冷暖房よりも大きな割合を占めています。特に、冬は需要の増える時期ですので、省エネタイプの給湯器に交換することは、お財布にも環境にもやさしいリフォームということになります。

省エネで多機能な最新ガス給湯器

では、最新の給湯器にはどんなものがあるか、今の主流である風呂釜と一体となったガス給湯器で確認しましょう。

◆便利で快適な機能のいろいろ

風呂釜と一体タイプの給湯器は、湯沸器と風呂釜が別々のタイプと比べて驚くほど、機能が充実しています。設定温度・設定水位に合わせてスイッチひとつで自動運転はもちろん、設定保温時間に合わせて自動保温、設定水位に合わせて自動足し湯が可能のうえ、浴槽の残り湯を排水するときに、設定温のお湯で追い炊き配管内を自動洗浄する便利な機能もあります。さらに、最近は使い勝手と快適性がアップする下記のような基本機能やオプション機能が付いたものもあります。

□Q機能(図2)

お湯を使用していったん停止したあと再び出湯させると、最初は熱いお湯が出て、続いて一時的に冷たい水が出るといった経験はありませんか。子供や高齢者にはあまり好ましくない現象ですが、これまでの給湯器では防ぎようがありませんでした。しかし、最近の給湯器では、Q機能というこの現象を防ぐ機能を搭載した機種があります。再出湯直後のお湯の温度差を最小限に抑え、断続使用時でも快適に利用できます。さらに、湯温制御方式も進歩し、設定温度までの到達時間も短縮されるようになっている機種もありますので、節水にも役立ちます。

省エネで多機能な最新ガス給湯器

□新FF制御&FB制御

FF制御とFB制御は、安定した湯温が得られるように搭載されています。入水量と入水温から出湯温を確認し、ガス量を補正することで出湯温を安定させます。この機能を向上させたのが新FF制御&FB制御です。入水量と出湯量からの信号及びその時のガス量をマイコンで瞬時に演算し、入水温と必要ガス量を予測することで、安定した出湯量を得ることができ、より一層の省エネが可能です。

□多機能リモコン

お風呂の沸きあがりをメロディや音声で知らせる機能、キッチンとバスルームで会話ができるインターホン機能は、もはや当たり前といえるでしょう。最近では、キッチンのリモコンに音楽プレーヤーを接続するだけで、好きなBGMを浴室で楽しめたり、きめ細かな気泡をお湯とともに噴出したり、より快適なバスタイムが過ごせるような機能がついたものもあります。さらに、どのくらい省エネを実行できているかが一目でわかり、楽しみながらエコが実践できる表示機能が着いたものもあります。目標を設定して、その達成状況を示すことも可能です。

◆最新の給湯器・エコジョーズ(ecoジョーズ)(図3)

エコジョーズとは、今まで利用せずに排気していたお湯を温めるときに出る高温(約200℃)の燃焼ガスを再利用し、あらかじめ水を温めて予熱するダブルの効果により、従来タイプに比べて少ないガス消費量で加熱でき、エネルギーをムダにすることなく高い熱効率を実現した給湯器です。メーカーによれば、CO2排出量を約13%削減できる、地球にやさしい給湯器です。また、使用するガス量も約13%削減できるので、ガス料金も低減できます。メーカーの試算では、年間でガス代が約10,500円節約できるとしています。待機時の消費電力の低減も図られています。つまり、温暖化ガスであるCO2を削減しながら、省エネもできる高効率給湯器です。
今、各メーカーでは、地球温暖化対策として、2013年3月までに、生産する全てのガス給湯器をエコジョーズタイプにしようと「エコジョーズ化宣言」をしています。

省エネで多機能な最新ガス給湯器

◆環境を考慮したいろいろな機能

大気汚染の低減のためにNOxバーナーを搭載したもの、周辺環境へ配慮し運転音を抑えたもの、待機電力を抑えたものなど、環境を考えたさまざまな機能が一般化されつつあります。さらに、ライフサイクルで環境への影響を最小限に抑える工夫として、機器廃棄時のリサイクルを考えて使用している樹脂部品の分別を容易にした構造や特定化学物質の含有率を基準値以下の部品を採用するなどの工夫もされています。

このように、給湯器は単なるお湯を出す設備として以上の機能が当たり前になりつつあります。ところが、故障して慌てて取替えるのでは、いろいろ考える時間がなくとりあえずすぐに取り付けられるものになってしまいがちです。そこで、現在使用している湯沸器や給湯器が既に10年以上経っている機器であるならば、壊れる前に最新機種について検討しておくと良いでしょう。
なお、給湯器を選ぶ時には、基本的給湯能力が自分の生活スタイルにあっているかどうかも大切なことです。日頃どんな風に使用しているか、どんな時に不都合があるかをよく見直して、下記を参考に適切な給湯能力のある機器を選びましょう。

◆給湯能力について

給湯器の能力は号数で表し、13号~50号以上まであります。家庭で一般的に使用されているのは、16号~24号型です。

□1号= 水温+25℃の能力

給湯機の1号とは、一般的に1Lの水を25℃熱上昇させるための能力値を言います。(25キロカロリー/分消費)例えば、『24号』の場合だと水温+25度の水を1分間に24リットル供給できる能力を表します。つまり、水温が15度だとした場合、適温と呼ばれている40度(15度+25度)のお湯を使う際、1分間に24リットル供給できるという性能を指し示しています。

□号数による能力の違い

例えば16号と24号ではどれくらいの能力が違うかというと、答えは単純に1.5倍です。最近の住宅は4ケ所給湯(キッチン、洗面所、お風呂、洗濯機の4箇所のこと)が増えていますので、号数も24号が主流になっているようです。このサイズだとキッチンとお風呂で同時にお湯を使っても、お湯が水になってしまう心配がないので安心して使えます。給湯器の能力が不足すると、温度の立ち上がりや水圧が落ちてきます。

□必要能力

①家庭での一般使用時水量
どのくらいの水量を一度に使用することがあるか、思い返してみてください。何ヶ所かを同時に使ってお湯の出が悪くなったりしたことはありませんか。そうなるのは、必要能力が足りていないからです。我が家でどのくらいが普段同時に使われているか下の表を参考に計算してみましょう。なお、外気温・水道の水圧によっても能力は変わりますので、あくまでも参考にしてください。

省エネで多機能な最新ガス給湯器

②使用状況から算出
1Lの水を25度熱上昇させる能力値が1号であることを元に算出します。なお、基本的に給湯機の設置は、冬場の一番厳しい条件での快適な使用を前提にして行います。ここでは、水温8度の設定で計算してみます。

1)浴槽またはシャワーを42度で出湯するときの必要号数
10L*(42-8)=340kcal/分÷25kcal/分=13.6号
2)洗面所で40度の出湯するときの必要号数
8L*(40-8)=256kcal/分÷25kcal/分=10.2号
3)キッチンで40度の出湯するときの必要号数
6L*(40-8)=192kcal/分÷25kcal/分=7.7号

結果、1)2)3)を同時に使用する時に必要な能力は、31.5号となります。したがって、24号ですとシャワーと洗面所、シャワーとキッチンの使用では問題がありませんが、3箇所同時の使用では計算上能力不足となります。16号では、2箇所同時使用で能力不足となります。家族の人数や生活スタイルによって使用状況が重なる頻度や時間がちがいますので、シャワーの水の出が問題になっている状況をよく思い返して、適合号数を算出するとよいでしょう。図4はガス給湯器メーカーのノーリツが提供している適合増数を示す資料の一部です。給湯器交換の際、参考にしてください。

省エネで多機能な最新ガス給湯器

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

水周り
水周り
講座No.004「排水パイプが詰まることはありませんか?」
講座No.005「便座が冷たいと思いませんか?」
講座No.006「浴室のシャワーの出はどうですか?」
講座No.020「台所の流し台回りが古くなり、汚くなっていませんか?」
講座No.021「洗面所が汚くなっていませんか?」
講座No.022「浴槽が古びて、汚くなっていませんか?」
講座No.034「湯沸器の調子は悪くありませんか?」
講座No.055「水道管の水が濁ったり、出が悪いような事はありませんか?」
講座No.057「風呂釜の調子は悪くありませんか?変な音などしていませんか?」
講座No.065「台所が狭くて使いづらいと思った事はありませんか?」

自然素材主義パートナー紹介