ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.074 「調理の一工夫で光熱費削減!」

講座No.074-1 「 調理の一工夫で光熱費削減!」

今年3月、大手都市ガス会社4社は燃料の値上がりを理由に、ガス料金の値上げを決定しました。今後の家庭向け都市ガスの販売については2017年度をめどに自由化する方針が1月13日に明らかになりましたが、これから2年間は、家庭における光熱費の負担は続きます。そこで、今回の値上げによる光熱費の増加を抑える対策として、調理部門での光熱費を削減する方法をご紹介致します。

 調理の一工夫で光熱費削減!

1. ご飯をなべで炊く。
電子ジャーでご飯を炊く場合は炊き上がるまでに約1時間かかりますが、ガスコンロでご飯を炊く場合は蒸らす時間を含めても35分程度で炊くことが出来るため、省エネになります。また、ガスコンロで炊く場合は火力の調節を行うことで、さらなる光熱費の削減に繋がると同時に、炊き上がりを自分好みに調節することも出来ます。試算では年間10,300円お得になる取り組みです。

 調理の一工夫で光熱費削減!

2. コンロの買い替え
現在では、省エネ型のガスコンロが販売されており、一般的なコンロと比較すると1割程度ガスの使用量を減らすことが出来ます。また、現在販売されているガスコンロは、炎が鍋底に集中するような形にしてあるため、以前のものよりガスの燃焼熱を効率的に鍋に伝えることが出来ます。さらに、吹き零れ・温度センサーも標準装備されているため、安全性も高まっています。
初期投資として購入に50,000円(参考価格)かかりますが、年間9,400円光熱費を削減することが出来るため、寿命を10年とした場合年間約4,400円光熱費を削減することが出来ます。

3. 調理方法の工夫
調理をする際のアイデアとしては、木ぶた、アルミホイル、キッチンシートなどの“落とし蓋”をすることが上げられます。落とし蓋をすることで、無駄な熱の損失を防ぐことが出来ます。試算では年間3,390円も節約できます。お湯を沸かすだけのときでも、きちんとふたをするようにしましょう。

調理における光熱費の削減では、上記の取組以外にも鍋ややかんを乗せてから点火すること、鍋底からはみ出さないようにコンロの炎を調節すること、そして、鍋の水滴をふき取ってからコンロに乗せることでガスの使用量を抑えることが出来ます。

調理部門における光熱費の削減では、熱を効率的に利用する必要があります。この他にも電子レンジを使うことで食品の加熱時間を短くすることも出来ます。食品を温めるという結果は同じでも、それぞれの機器によって暖める方法が異なるため、それぞれの機器の特徴を活かすことが調理部門で光熱費を削減するコツです。今回は調理部門におけるガスを削減する方法について紹介しました。
うちエコ診断・家庭でのCO₂排出量の削減への取り組み方などお問い合わせはこちら。うちエコ診断士がお答えします。

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

光熱費・CO2削減、うちエコ講座
光熱費・CO2削減、うちエコ講座
講座No.069「うちエコ診断開始!」
講座No.070「冬、冷え込む家計をうちエコ診断で暖めませんか?」
講座No.071「キャッシュバックがついてくる?機器の買換え!」
講座No.072「家族で取り組もう!テレビで省エネ!」
講座No.073「光熱費削減!費用対効果を考えるなら給湯器!」
講座No.074「調理の一工夫で光熱費削減!」
講座No.075「効果的に光熱費削減!節水での取組!」
講座No.076「ドライブでも節約!買換えるなら今!」
講座No.077「使ってないのにお金がかかっている?待機電力を削減!」
講座No.078「家の断熱を考えるなら開口部から!」
講座No.079「効果大!お風呂の入り方で光熱費削減!」
講座No.080「冷蔵庫に一工夫!光熱費削減!」
講座No.081「クリーンなエネルギーで環境にも家計にもやさしく!」
講座No.082「地球環境と家計にやさしい住まい!」

自然素材主義パートナー紹介