ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.089 「自宅での介護に不安はありませんか?」

講座No.089-1 「自宅での介護の不安を解消するポイント」

超高齢化社会に突入した日本で、自宅での介護の問題は他人ごとではありません。
ウェブサイト「100%自然素材主義」が実施している介護についてのアンケート結果によると、介護経験のない方が自宅で介護を想定した際に住まいのどんな点が心配かとの質問に対して、最も多かった回答は、要介護者の寝室のニオイ、空気質(湿度・温度など)と段差や階段で、その次に心配なのが、トイレや浴室の手すり、ドアの開閉やトイレの狭さでした。
一方、実際に介護の経験がある方が介護の際に不便や困難を感じたことは、トイレの狭さと浴室の寒さが最も多く、次が寝室のニオイでした。
これらの結果を参考に、自宅での介護の不安を解消する対策のポイントを整理してみましょう。

◆寝室

□ニオイ対策

被介護者の寝室のニオイは、介護経験者の多くが不便を感じたともに、未経験者が最も心配しているポイントです。つまり、寝室にニオイ対策をとることは、自宅介護の不安要因を大きく減らすことにつながります。被介護者の有無に関わらず、リフォームの際にニオイ対策をとっておけば、いざという時に困りません。 現在の建築基準法では、新築の場合、居室に換気扇を設けることが義務付けされていますが、かつての建築基準に沿った住まいでは換気扇がない居室が一般的です。換気扇を設置するには、壁に穴をあけたり電気の配線工事が必要になる場合もあり、集合住宅の場合は工事そのものが難しいこともあります。そこで、おすすめなのが、消臭効果の高い内装材によるリフォームです。

①消臭効果のある壁材を利用する
自宅での介護の不安を解消するポイント部屋の中で壁面積の占める割合は、思っているよりも大きなものです。例えば、6帖の部屋の床面積は約10平方メートルですが、壁面積は約25平方メートルにもなります。つまり、この壁を有効利用することが、「ニオイ」を無くすことに大きく係わってくるということです。そこでお勧めなのが、消臭機能の高い壁材を使用するリフォームです。通常の壁紙(ビニールクロス)にもそのような機能が付けられたものもありますが、性能や機能の持続性を考えると、珪藻土やシラスなど自然素材の塗り壁材がお勧めです。
図1はお勧めの壁材のひとつ、自然素材100%の塗り壁材「シラス壁」の施工事例です。図2~3は、「シラス壁」が高齢者の居室の「ニオイ」の原因物質であるアンモニアとノネナールの無臭化の様子をグラフ化したものです。

自宅での介護の不安を解消するポイント

シラス壁の原料である火山噴出物・シラスは多孔質であるため、消臭効果だけではなく、図4~5のグラフが示すような調湿効果、さらには断熱効果や防音効果も得られます。

自宅での介護の不安を解消するポイント

□空気質(温度・湿度など)対策

被介護者が高齢の場合に空気質で特に気をつけなければいけないのは、温度環境です。高齢者は、暑さ寒さを感じづらくなり、さらに身体が温度差に対応しにくくなります。そこで、温度計を設置し室温を管理すると同時に、居室と廊下やトイレ、浴室などとの温度差が大きすぎないようにし、ヒートショックのない住環境を作ることが大切です。

①調湿効果のある壁材を利用する
自宅での介護の不安を解消するポイント体感温度に影響を及ぼす湿度を管理するために、ニオイ対策と同様に部屋の中で広い面積を占める壁を利用することで、除湿器や加湿器などの設備に頼らずに湿度をコントロールしやすくなります。調湿効果の高い、前項で紹介したシラス壁などの自然素材の塗り壁や、重ね貼りができて便利な図6のような和紙壁紙などがお勧めです。
和紙壁紙は調湿効果だけではなく、紙の繊維が光を乱反射するため日光や照明の明かりがとても柔らかくなったり、音も分散乱反射するため柔らかくなり、居心地のよい空間づくりに効果的です。

②内窓を設置する
窓からの熱の侵入出割合は、壁や床よりも高いため、断熱性能の高い窓に換えることは、住まいの温熱環境を大きく改善します。図7のような内窓の設置は、簡単な工事で効果が大きいのでお勧めです。ひと窓あたり1時間ほどの施工で行えます。内窓は、結露防止や外から侵入する騒音を低減するのにも高い効果を発揮します。住宅エコポインントの対象でもあります。

自宅での介護の不安を解消するポイント

③床を利用する
床を調湿作用のある無垢(単層)フローリングにすることで、湿度の管理がしやすくなります。さらに、木には、抗菌性物質や害虫に食われにくい殺虫成分を含んでいるものもあります。例えば、屋久杉は、江戸時代に伐採された切り株が今でも腐らずに残っています。この屋久杉に含まれている精油成分には、室内の塵ダニに対して強い防虫作用があることも分かっています。また、ヒバのニオイ成分は0.2%で室内の塵ダニの繁殖を抑える働きがあります。このように、防虫効果がある木材を床に使用することで、アレルギーの原因ともいわれるダニの発生を合成殺虫剤などに頼らず防ぐことが出来きて安心です。
無垢材は手入れがたいへんと敬遠される方も多いようですが、経年変化で傷が目立ちにくく、傷さえも味わいとなって自然素材ならでは趣を醸しだせるのは、無垢(単層)のフローリング材です。さまざまな加工やコーティングにより機能性をアップした複合フローリング材は、確かに傷がつきにくいものもあります。しかし、それは加工を施された0.3~1mmの表面部分であり、内部の合板まで加工が施されているわけではありません。そのため、少し深い傷が付いてしまえば、年数を経るごとにかえって傷みが目立つことさえあります。
また、無垢材には、天然の芳香剤となるものもあり、不安要素のひとつであるニオイ対策にも役立ちます。それぞれの木が持つ特有の香りには、さまざまな効果があることもわかっています。例えば、木の香りのする部屋で就寝すると疲れが早く取れるそうです。ビバの精油やヒノキの精油の吸入は血圧を低下させる効果があることや、ヒノキの芳香には、リラックスするときに脳内に発せられるアルファー波の量を増やすことも明らかになっています。木材の主要な精油成分であるα-ピネンの吸入は、緊張状態を抑える効果もあります。被介護者のリハビリや自立機能維持のための歩行には、衝撃が吸収されやすく、足腰への負担が少ない、スギや桐のように柔らかい木材を選ぶと良いでしょう。
賃貸住宅や予算などの理由により、無垢のフローリング材によるリフォームを躊躇しているならば、図9のような基本的に乗せるだけの無垢のフローリング材もあります。

自宅での介護の不安を解消するポイント

◆トイレ

□手すり

最近の手すりは、色や材質の種類が増え、見映えを考慮して選べるようになってきました。また、狭い空間を無駄なく使えるように紙巻器と一体になり、立ち座りの際に紙巻の上部に手をついても大丈夫なものもあります。

自宅での介護の不安を解消するポイント

□広さ

アンケートで介護経験者がもっとも不便と感じたことの1つが、トイレの狭さでした。紙巻器や手すりなどの備品やすっきりしたデザインの便器を利用することで、狭い空間を介護しやすく改善することが可能です。
①備品を工夫する
図10のように手すり代わりに紙巻器の上に手をつけるものや、図11~図12のような場所とらないグリップタイプの手すりや折りたたみ式の手すり利用することで、空間を広く使えるようになります。

自宅での介護の不安を解消するポイント

②便器を工夫する
図12のような手洗いのないタイプの便器を設置すれば、トイレ内を広く活用できるようにできます。

◆浴室

□温度対策

アンケートで介護経験者がもっとも不便と感じたことの1つが、浴室の寒さでした。最近のシステムバスは、断熱性能の高いものやミスト機能で浴室を暖めることができるものありますので、リフォームの際の選択肢に加えることをお勧めいたします。 また、浴室全体をリフォームしなくても、既存の換気扇部分を活用して、浴室換気暖房乾燥機に変えることで、冬の寒さを緩和するだけでなく、夏は扇風機のような送風運転で蒸し暑さを和らげることや、乾燥機としても利用できます。

◆段差・階段

  

被介護者の身体機能の低下を防ぐためには、多少の身体的負荷は必要です。ただし、負荷が過度にならないように、設備の設置や工夫は必要です。玄関や浴槽などの段差の跨ぎには、手すりやステップの設置、そして段差部分の照明は従来のものよりも明るくし、見やすくするとよいでしょう。

◆ドアの開閉

  

ドアが片開きだと押すときはまだしも、引くときに大変不便が生じます。リフォームで引き戸にすれば、部屋への出入りが楽になります。また、ドアノブは握ったり力の要らない開けやすいタイプを選ぶようにしましょう。

健康でいるためには、住環境が大きな役割を担っているといわれます。リフォームの際には、日頃の健康を保つための工夫と同時に、介護が必要になった時のことも考慮したリフォームを心がけるようにしましょう。

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

リフォームで悩みや不安を解消!
リフォームで悩みや不安を解消!
講座No.084「安眠できずに悩んでいませんか?」
講座No.085「お子さんの部屋は成長の妨げになっていませんか?」
講座No.086「家族のコミュニケーションはとれてますか?」
講座No.087「キッチンでの作業がストレスになっていませんか?」
講座No.088「浴室の掃除が面倒くさいと思ったことはありませんか?」
講座No.089「自宅での介護に不安はありませんか?」

自然素材主義パートナー紹介