ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.018 「じゅうたんが磨り減っていませんか?」

講座No.018-2 「自分でできるじゅうたんリフォーム」

前回は、じゅうたんの種類や特徴、効果、そしてお手入れ方法の説明をしました。じゅうたんが比較的新しいうちは、お手入れによってキレイになり肌触りもよくなります。しかし、既に汚れがこびりついていたり、素材の寿命を過ぎていたりすれば、お手入れをしても元の状態には戻りません。特に、アクリルなどの合成繊維はウールに比べると素材のヘタリが早く、汚れも付着しやすいので、使用状況によっては思っていたよりも早く貼り替えが必要になるかもしれません。木質フローリング材の上に、敷物として使っているじゅうたんであれば買い替えるだけですが、敷き詰めタイプだとそれなりのリフォーム工事になると躊躇してしまう人もいるでしょう。しかし、状態によっては自分でリフォームにチャレンジすることも決して不可能ではありません。
そこで、今回は自分でチャレンジできるじゅうたんリフォームの方法を説明しましょう。

◆事前調査

分でできるじゅうたんリフォームまず、古いじゅうたんの下地がどんな状態か調べる必要があります。じゅうたんの下地が木質なのかコンクリートなのか、またカーペットの施工方法が、両面テープや接着剤による直貼り工法かグリッパー工法(図1)なのかを調べます。図1のように隅の方を少し剥がして見るとよいでしょう。床がモルタル下地で直張りの場合は、下地調整が必要なうえに、ボンド張りになるためにDIYはお勧めしません。また、グリッパー工法で施工されている場合も、下敷きに使われるフェルトなど必要な材料を仕入れるのが簡単ではないうえに、カーペットを剥がした後の高さ調整が必要になってくるなど、施工が大変なのでお勧めできません。

◆必要な工具類

分でできるじゅうたんリフォーム

◆カーペット選び

パンチカーペットの価格が手頃で施工も容易なので、DIYにはお勧めです。
パンチカーペットはニードルパンチカーペットともいい、ポリプロピレンなどの繊維を針で刺し固めてフェルト状にした不織布のカーペットです。パイル糸がなく短い繊維を薄く重ね、多数の針(ニードル)のついた機械で圧縮してフエルト状にし、裏面は合成ゴムで補強されています。感触が硬く弾力性に乏しいですが、カラーが豊富なことや、ほつれがなく、自由にカットできる魅力があります。サイズは91cm幅と182cmがありますので、部屋の大きさに合わせて選ぶとよいでしょう。
少し値段が上がりますがタイルカーペットもお勧めです。40~50cm角程度の大きさのタイル状のカーペットで、運搬・施工・部分的な取り替えが容易で、色・柄の組み合わせでさまざまなパターンの敷き方ができます。部屋全面であれば置敷きも可能です。耐久性・防染性に優れたループパイルタイプや、ボリューム感のあるカットパイルタイプなどがあります。

分でできるじゅうたんリフォーム

◆パンチカーペットの貼り方

①古いカーペットを剥がす

まず、古いカーペットを剥がします。両面テープや接着剤が床面についているときは、ケレンやスクレーパーなどを使ってきれいになるように剥がします。床材を傷つけないように注意して剥がしたら、きれいに掃除しましょう。

②カーペット用のテープを貼る(図11)
部屋の周囲にカーペット用の両面テープを張ります。次に、カーペットの継ぎ目部分になるところにテープを貼ります。そして、カーペットの中央くらいの位置にもテープを貼ります。この時はまだ、剥離紙を剥がさないようにします。尚、継ぎ目を重ね切りする場合(図12)は、カットした後で継ぎ目にテープを貼ります。

分でできるじゅうたんリフォーム

③1枚目のカーペットを仮置きする
少しだけ部屋の長さより大きめにカットした1枚目のカーペットを壁際に沿って仮置きをします。壁とカーペットが平行でなかったり、途中で凹凸があったりする場合は、幅定規を使い正確に線出しをしてカッターでカットします。壁際にピッタリと納めることが出来たら、ずれないように中央テープの剥離紙を剥がして固定します。

④2枚目以降のカーペットを貼る
2枚目、3枚目と少しだけ部屋の長さより大きめにカットしたカーペットを突きあわせながら順番に置いていき、ずれないようにして中央テープと継ぎ目テープで固定します。最後のカーペットは、1枚目と同じように壁際部分を幅定規を使って正確にカットしピタリと合わせ、中央テープで固定し、カーペットが重なり合った部分を真っ直ぐにカットします。そして、カットした箇所に継ぎ目テープを貼り付けます。

⑤カーペットの余分な部分をカットする 部屋の周囲のテープの剥離紙を剥がし、カーペットの端部分や柱などの出っ張り部分を、へラを押し当ててカットします。このとき、押さえベラはグッと力強く押し付け、しっかりと角を出してやることがコツです。 尚、押さえが効かない大きな柱などがある場合は、図13のように角部分に少しずつ切り込みを入れながら角を出し押さえベラでしっかりと押さえ込んでカットします。

分でできるじゅうたんリフォーム

◆タイルカーペットの貼り方

①カーペットを購入する

部屋の寸法を測って必要枚数を計算します。部屋の縦、横にそれぞれ何枚並ぶかを測り、縦横の枚数を掛けて枚数の算出をします。多色使いは別として、同一フロアは同ロットで仕上げるのが基本です。後から補充しようとすると、同時期に作られたものでない(ロット違い)ため、色合いなどが微妙に違う場合があります。したがって、カーペットタイルの枚数は作業ミスや汚れたときの取替え用に少し余裕をみて、スペアー分も確保しておくことをお勧めします。尚、タイルカーペットは、通常接着剤やテープを使わずに置き敷きで施工しますが、商品やメーカーによって仕様が異なり、下地に合わせて専用の接着剤や両面テープを推奨する場合もあります。購入の際には、必ず商品説明書や取扱説明書で確認するようにしましょう。また、裏がゴム質のタイルをフロア全体に敷き詰める場合は、ノンスリップ加工された接着剤やスベリ止め不要の扱いやすいものも各メーカーから販売されています。下地や使用状況に合わせて購入するとよいでしょう。

②基準線を決めて置いていく

施工の前に、あらかじめ敷き方や色の組み合わせを決めておきます。尚、タイルカーペットには毛足や柄の方向性があるので、作業前に同一方向に揃えて積んでおきます。タイルカーペットは部屋の中央から四方に向かって貼っていくことになります。部屋の寸法を確認しながら基準を決め、1枚ずつ敷き詰めます。このときに気をつけなければならないのが、端まで敷き詰めた際、端部が極端に細くならないような位置を基準にします。入り口に近い所や人目に付き易い所に小さなサイズのタイルを使用しないよう考えてバランス配分し、どうしても小さなタイルが入るときは部屋の隅の家具、置物の下など目立たない所で使用するようにします。

分でできるじゅうたんリフォーム図14のように基準線に沿って2枚を隙間無く並べ、3枚目からは階段(ピラミット)状に順番にタイルの目を揃えて並べていきます。裏面の矢印マークを確認し、流し貼り(同一方向に揃える方法:図15)か、市松貼り(縦横交互に並べる方法:図16)かに合わせて、順番に敷いていきます。特に、市松貼りの場合は、縦横方向に貼ることになるので、列によって方向を決め順番に貼るように気をつけましょう。貼り方としては、単色でもタイル同士の張り合わせが目立たなくなり、光の加減で複数色に見えるメリットのある市松貼りをお勧めします。

分でできるじゅうたんリフォーム

壁際の列を残して4面を完成させます。最初から一列を長く並べて貼り出すと、少しの曲がりやズレが敷き詰めの最後の方で極端に隙間が開いたり重なったりして、調整がしづらくなりますので気をつけましょう。

③壁際の処理

壁際の処理は図17のように、(B)のタイルカーペットの上に(A)のタイルカーペットを重ねあわせ、(C)を壁際から定規代わりにして(A)をカットします。カットした(A)を壁際(A”)の位置に敷きます。 他の方法として、(B)の位置にカットするタイルを置き、壁際から(C)を重ねて定規代わりに(B)をカットして(A”)にずらし、(B)の位置に(C)をはめ込む方法もあります。

 

分でできるじゅうたんリフォーム

以上が、自分でチャレンジするじゅうたんリフォームの方法です。
パンチカーペットやタイルカーペットを使う方法は、敷き詰めタイプのじゅうたんリフォームに限らず、家族の健康状態や季節などに合わせて一時的に木質フローリング材にじゅうたん(カーペット)を敷くときにも役立ちます。
他の床材にはないじゅうたん(カーペット)の良さを上手に活かして、快適な住まいづくりにチャレンジしてみてください。

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

床・壁
床・壁
講座No.008「床がしなったり、ぷかぷかしている所はありませんか?」
講座No.010「外壁の塗装にひび割れはありませんか?」
講座No.017「壁のクロスが黄ばんだり、めくれていませんか?」
講座No.018「じゅうたんが磨り減っていませんか?」
講座No.019「冬に部屋が冷え込んで寒い思いをしていませんか?」
講座No.029「部屋の湿気が多いと思いませんか?」
講座No.032「部屋全体がくすんで、暗く感じていませんか?」
講座No.036「飼っているペットの臭いが気になりませんか?」
講座No.045「あなたの住まいの空気はきれいですか?」
講座No.050「隣の部屋の音や2階の音が気になりませんか?」
講座No.053「左官壁がボロボロに落ちて困っていませんか?」
講座No.061「外壁のペンキ塗り替えはいつしましたか?」
講座No.066「床クッションシートが傷んでいませんか?」
講座No.067「家の中、全体が薄暗いと感じませんか?」

自然素材主義パートナー紹介