シーゼンクラブ

将来を担う子供たちの未来のために親子で学んでほしい情報を紹介

「金目保育園シラス壁見学会」取材レポート

「金目保育園シラス壁見学会」取材レポート

子どもたちのために!デザインにも建材にも拘った園舎

横浜に本社を置く、環境共生住宅の新築・リフォームを行う株式会社高千穂と、グループ会社である100%自然素材のシラス壁材を開発・製造・販売する高千穂シラス株式会社が共催した「金目保育園(注1)シラス壁見学会」に参加いたしました。見学会では、平成23年3月に子ども達が生活する室内の内装にシラス壁を採用し園舎を建替えた金目保育園の酒井かず子理事長・園長(以下、酒井園長)より、実際にシラス壁の中で生活し、体感されているお話を伺いながら園内を案内いただきました。
金目保育園は、昭和46年に創園した保育園児150名、放課後児童クラブも併設された東海大学に程近い、平塚市の閑静な住宅街の中にあります。園舎は、カナダの都市ビクトリアの街の雰囲気を取り入れた素敵なデザインの外観です。それは、酒井園長のどこにでもある公民館のような保育園にはしたくないという拘りから、設計氏の方と一緒に現地まで出向き雰囲気を伝え形となったものです。園舎は大きなおうちで、みんなが集まる遊戯室は居間であり、教室は子ども部屋であるという酒井園長の思いがそのまま形となった、園児達が安心して生活できる配置と自然素材の建材を使用した温かみのある快適な建物となっています。中に入ると最初にランチルームと遊び場、せり上がり舞台も兼ね備えた大きな遊戯室があります。遊戯室を取り囲むように1階の幼児の教室、職員室が配置され2階の乳児の教室へは、園児達が「お姫様階段」と呼ぶ階段を登ります。階段が前面に出ているのは、子どもが遊ぶと危険な階段をあえて人目のある前に出し、遊び場にしようという考えから設置されました。また、幼児室内には、遊び場としての利用だけてなく、ストレスを抱える児童が程よく狭く、暗い空間で気持ちを落ち着かせる場所としてロフトが設置されています。さらに近隣への配慮から外側の窓の位置を高くしてあり、その事で園児がストレスを感じないよう内側の扉は、足元までガラスを使用し開放感を出してあります。また、限られたスペースを有効利用するたくさんの工夫がされていました。

「金目保育園シラス壁見学会」取材レポート

建替えの際に酒井園長は、生まれてから3歳までに育つといわれている汗腺や体温調節機能を育てるため、子どもが発達する上でエアコンはなるべく使わない、アレルギー、アトピーの子にやさしい100%自然素材を使うことを重視し、100%自然素材であり断熱性に優れ、消臭効果のあるシラス壁を採用されました。「実際に生活してみて、梅雨時の除湿効果が高く室外が湿度70%の時に室内は50~55%を保っており、シラス壁を使用した部屋は1年を通じ殆どエアコンは使用しなくても快適に過ごせている。また旧園舎では、夏に外で遊び室内に入ってきた園児の汗の臭いが長く残ったが、今では直ぐに消えるのはもちろんのこと、食事の臭い、トイレの臭いも気にならなくなった。」と話されました。さらに酒井園長は、「建替え当初、壁がビニールクロス張りの職員室で暖房をかけると上半身は熱り足元は冷たく、長時間仕事をしていると時々頭痛がすることがあった、ビニールクロスの上に白州リフォーム(注2)を塗る工事を施したところ、エアコンはほぼ使用しなくなり、頭が痛くなることもなくなった。」とご自身の体験談を語られました。今回冬の晴天日の昼食後に訪問しましたが、シラス壁を使用した部屋は、エアコンを使用していませんでしたがたいへん暖かく、昼食の臭いも消えていました。逆にクロス張りの部屋にも案内されましたが、エアコンを使用していても足元がとても寒く、臭いも気になりました。

「金目保育園シラス壁見学会」取材レポート

「金目保育園シラス壁見学会」取材レポート

見学の最後に酒井園長は、「建替えて5年を迎えるが、最初どうせ張り替えるからと安いクロスを使用したとしても5年後、隅や境目がめくれ上がったり、落書き等で汚れたクロスは直ぐには張り替えない。園児の中には、朝7時から夜7時まで保育園で過ごす子も居る、その長い時間を快適で心地よく過ごして欲しいという思いが実現できたので、高価ではあったが最初から良質なシラス壁を採用して良かった。」とお話を締めくくりました。

「金目保育園シラス壁見学会」取材レポート

(注1)金目保育園
法人名:社会福祉法人 浜岳福祉会 
所在地:神奈川県平塚市北金目2-9-24
定 員:保育園 150名 放課後児童クラブ100名
創 園:昭和46年
新園舎竣工:平成23年3月
                                         
(注2) 白州リフォームとは、クロスをはがさずヘラやローラー・コテで塗れるシラス壁材です。古いクロスをはがす手間がいらないので、余計な廃棄物を出しません。

100%自然素材主義 編集部

100%自然素材主義 編集部

自然素材主義パートナー紹介