ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.048 「冬のエコライフ講座 in 保土ヶ谷公会堂」

講座No.048-1 「冬のエコライフ講座」

寒い冬を快適に、かつ環境に優しく過ごすために、すぐにチャレンジできることにはどんなことがあるか考えてみましょう。

まず、図1をご覧下さい。
この図は、一世帯当たりの用途別のエネルギー消費の推移を示しています。左側の円グラフは東京オリピンックの翌年、1965年度を、そして右側が2008年度を示しています。
大きな変化は、家電製品の普及により、動力・照明等の消費量が約2.2倍に増加していることです。それに次いで、給湯、暖房の順に消費量が多くなっています。冷房に比べるといかに冬の暖房に使用するエネルギー消費量が多いかが分かります。

冬のエコライフ講座

暖房の効率を上げるために重要なのは、住まいの断熱化です。
図2は、冬の暖房時の熱の流出割合を示したものですが、窓などの開口部から逃げている熱は、48%にもなります。つまり、この熱の流出を抑えれば、部屋は断然暖かくなります。

冬のエコライフ講座

最も簡単な窓の断熱対策は、カーテンを見直すことです。
ご存知のように、窓ガラスは非常に熱を伝えやすく、外の温度に影響されやすい素材です。カーテンは、窓から伝わる、冬の冷気の侵入を防ぐと同時に、室内の暖かい空気を外に逃さない役割を果たしています。逆に、夏は、強い日差しを防ぎ、部屋の空気が暖まるのを防いでもくれます。
カーテンの「断熱効果」は厚みがある生地ほど高く、そしてヒダがたっぷりあるドレープカーテンの方が効果的です。ヒダの谷間が深いほどたくさんの空気を抱え込み、窓と部屋の間に見えない断熱層を作りだしてくれます。
既製品のカーテンには、ヒダ倍率が1.5倍程度のものが多くありますが、断熱効果を高めるためには、できればヒダ倍率が2倍~2.5倍のカーテンを選ぶとよいといわれています。もちろん、一重よりも二重吊りの方が、断熱性が高くなります。

そして、カーテンで空気の層を上手く作るためには、正しく取り付けることも大切です。
図3のようにカーテンレールは窓幅よりも大きく設置します。これは、見た目の問題もありますが、断熱性能をあげるためにも大切なことです。機能レールといわれるスチールやアルミ製の普通のレールは、窓幅にプラス左右それぞれに5~10cm程度余裕を持たせた長さにし、窓枠の上より10㎝の余裕をもって設置します。一方、こ装飾レールは、窓幅にプラス、左右それぞれに15~20cm程度、窓枠の上は10~15㎝ほどの余裕をもって取り付けます。

冬のエコライフ講座

カーテンの丈の決め方は、窓のタイプによって違います。腰高窓の場合、一般的に窓枠から+15~20㎝ほど長くし、掃き出し窓の場合は、床までしっかり着くくらいにすることをお勧めします。ただし、レースはドレープよりも短めにします。
また、できるだけ暖色系の色を選ぶとより効果的です。
図4の写真を見比べてみてください。オレンジ色のカーテンの部屋の方が、グリーンのカーテンの部屋よりも暖かそうに感じませんか?私たちの温度感覚は、実際の室温のほかに、湿度や風速など、さまざまな外的要素から影響を受けています。これを体感温度といいますが、色や照明もその一つです。暖かく感じる色には、赤やピンク系、オレンジや黄色系、ベージュやブラウン系があります。

冬のエコライフ講座

もっと本格的な窓の断熱対策をするのなら、サッシの断熱化です。
方法はいろいろありますが、簡単にできるのが断熱シートです。断熱シートはホームセンターなどで売っている手頃な価格で購入できるものから、専門の施工業者に依頼する高額なものまで、いろいろあります。ホームセンターで購入できる1,000円くらいのものと、業者に施工してもらう断熱用フィルムでは、厚み、硬さともにまったく異なります。その差がそのまま断熱性能の差になります。もし、ホームセンターなどで購入するのであれば、少し奮発して高くても厚みのあるものを購入するとよいでしょう。安価な薄い断熱フィルムを利用するなら、ガラスに直接貼るのではなく、サッシ枠に貼ると、フィルムとガラスに空気の層ができて二重サッシのようになり、断熱効果があがります。
そして、断熱フィルムを貼るよりも、断然効果が高いのが図5のような内窓の二重サッシです。基本的に、既存の窓や壁をいじらなくてもよいため、工期も短く、1日で終わることも可能です。結露防止や遮音効果も得られる、お勧めの断熱リフォームです。

冬のエコライフ講座

窓の断熱の次に考えたいのが、体感温度を上手くコントロールすることです。
私たちの体感温度は、先ほども言ったように、部屋の温度だけではなく、湿度や気流、壁・床・天井の温度、そして服装と運動量などによって変わります。例えば、服装ですが、女性の場合スカートの長さを換えるだけで約1℃変わるといわれています。ちなみに、カーディガンで2.2℃、ひざ掛けで2.5℃、靴下で0.6℃、体感温度がアップすると言われています。
湿度も体感温度に影響を及ぼす重要な要素です。省エネのためには、夏は「高温・低湿」、冬は「低温・多湿」のバランスがよく、暖房時は設定温度を低めにしても湿度を高くすれば、同様の快適さが得られます。図6は、温湿度計のメーカーの資料ですが、部屋の用途によっても、快適な温度と湿度の目安は変わってくることを示しています。使う人や部屋の用途に合わせて設定すれば、より快適に体感温度をコントロールできますので、是非参考にしてみてください。

冬のエコライフ講座

湿度と同様に大きく影響するのが、部屋の天井、壁、床などの表面温度です。室温が高くても、壁や床の表面温度が低ければ、体から輻射熱が奪われ、私たちは寒いと感じます。特に、私たち日本人のように靴を脱ぐ生活では、床面との接触によって感じる温度は、身体全体の温熱感に大きく影響します。冬の場合、触れたときに床面が冷たいと不快なだけでなく、急激な温度変化に対する適応性が弱い高齢者にとっては身体への負担が大きくなります。この接触したときの温熱感は、素材の熱伝導率に起因します。熱伝導率は素材固有の数値なので、使用する場所や人に応じて適切な内装材を選ぶようにすれば、より快適な空間づくりができます。
図7は、床材の種類による熱伝導率の違いを示したものです。それぞれの床材に触れた場合、一番温かく感じるのは熱伝導率が小さいカーペットで、逆に冷たく感じるのは熱伝導率が高い大理石になります。また、図8は、木材の種類によって密度がことなるため、熱伝導率も異なることを示しています。つまり、密度の高い硬い木材ほど冷たく感じるのです。ちなみに、一般的な合板でできているフローリング材は表面が樹脂加工してあるため、木材としては、熱伝導率が高く、無垢材のフローリングの方が熱伝導率は低くなります。無垢材の床には、うづくりといって、表面にゆきひら鍋のような凸凹の加工を施したものがあります。これは、同じ木の種類のフローリングと比べると、熱伝導率は変わらなくても、接触面が少なくなるため、暖かく感じます。

冬のエコライフ講座

壁材も同様です。ビニールクロスよりも、木や漆喰、土壁などのような壁材の方が、熱伝導率が低く断熱効果を得られます。また、木や漆喰のような壁材には調湿効果や消臭効果、ホルムアルデヒドなどの化学物質の吸着性能が高いものもありますので、そのような材質で内装することは、部屋の空気を清浄に保ち、健康的に過ごすのにも役立ちます。
図9は、全国と横浜市の平成19年度のCO2排出量の構成を比べたものです。全国平均では産業部門からのCO2の排出が最も多くなっていますが、横浜市では最も排出量が多いのは、家庭部門からです。

冬のエコライフ講座

つまり、横浜市内のCO2削減のためには、私たちひとりひとりが家庭でできる対策をまず実行することが必要です。ぜひ我が家の断熱性能をチェックして、まず出来ることから省エネ&エコライフにチャレンジしましょう。

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

その他
その他
講座No.009「家の臭いが気になりませんか?」
講座No.015「地震対策はちゃんとやっていますか?」
講座No.016「照明器具が汚れていませんか?」
講座No.023「カビや結露が出ることはありますか?」
講座No.024「寒い冬には暖かい部屋~部屋の防寒対策~」
講座No.025「家の外観全体を模様替えする気持ちはありませんか?」
講座No.030「夏に部屋が暑くてつらい思いをしていませんか?」
講座No.031「自然エネルギーで夏の暑さ対策をしてみませんか?」
講座No.035「健康的な暖房について考えてみませんか?」
講座No.037「照明の省エネ化は済んでいますか?」
講座No.040「住まいが健康を脅かしていませんか?」
講座No.041「無理して省エネ&節電していませんか?」
講座No.043「わが家で再生可能エネルギーをつくろう」
講座No.044「光だけじゃない!太陽熱も利用しよう」
講座No.047「今、使わず空いている部屋はありませんか?」
講座No.048「冬のエコライフ講座 in 保土ヶ谷公会堂」
講座No.051「室内を全面的に改装して、気分転換したい気持ちはありませんか?」
講座No.058「風通しの悪い家だなぁと、感じたことはありませんか?」
講座No.060「寝室が狭くて窮屈を感じていませんか?」
講座No.062「家の中にゴキブリや虫が多いと感じたことはありませんか?」
講座No.068「家族、兄弟が集まったとき、リビングが狭いと感じていませんか?」
講座No.083「省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?」
講座No.091「玄関の下駄箱が小さくて不便になっていませんか?」
講座No.092「本棚に本をすっきり収納してみませんか。」
講座No.093「家の中のデッドスペースを有効活用しませんか?」
講座No.094「便利なお掃除アイテムと掃除のポイントの紹介」
講座No.095「DIYで断熱効果を高める」
講座No.097「寒さを解消するための簡易的な暖房方法」
講座No.099「住まいを快適にできる生活雑貨をご存知ですか?」
講座No.100「中古マンションを購入したけど有効なリフォームとは?」
講座No.101「5分でわかる冬の色々リフォーム」
講座No.103「あなたのお住まいの防犯対策は大丈夫ですか?」

自然素材主義パートナー紹介