ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.083 「省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?」

講座No.083-1 「省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?」

省エネ住宅の新築やエコリフォームを対象に様々な商品に交換できるポイント制度「省エネ住宅ポイント」の申請が、2015年3月10日よりスタートしたのをご存知ですか。
以前行われていた環境対応住宅普及促進事業の「住宅エコポイント制度」との大きな違いは、エコ設備改修単独でのポイント加算があり、全体的なポイントアップがなされているところです。以前の「住宅エコポイント制度」は、東日本大震災の復興支援が目的のひとつとされていました。そのため、新築住宅の場合は、被災地は30万ポイントでその他の対象は15万ポイントとなっていて、さらに被災地支援にポイントの半分以上を充当することが決められていました。それに対して、今回は経済対策が主な目的となっており、以前とは対象となる要件が広がり、もらえるポイントも増えています。
では、省エネ住宅ポイントの概要を整理してみましょう。

◆対象期間

□新築タイプ

1)契約:平成26年12月27日以降
2)着工:平成26年12月27日以降から平成28年3月31日
3)工事完了:平成27年2月3日以降

□完成済購入タイプ

1)契約:平成27年2月3日以降の売買契約締結
2)着工:指定なし
3)工事完了:平成26年12月26日まで

□エコリフォーム

1)契約:平成26年12月27日以降
2)着工:平成26年12月27日以降から平成28年3月31日
3)工事完了:平成27年2月3日以降

◆ポイント発行対象

□新築エコ住宅

新築タイプ(注文住宅及び分譲住宅)と完成済み購入タイプが対象で、下記の基準のいずれかに該当するもの(図1参照)。なお、各基準・性能を証明するための書類がそれぞれ定められています。工務店や販売会社等などに事前に確認するとよいでしょう。
また、ポイント発行申請は、工事完了後に申請するタイプと、工事完了前に申請するタイプがあります。タイプにより申請書類や申請方法が異なります。
申請書類タイプは、「新築タイプ(ポイント発行申請)」「新築タイプ(工事完了前ポイント発行申請)」「完成済購入タイプ」「分譲事業者予約タイプ」の4種となります。 発行ポイント数は、1戸あたり300,000 ポイントとなります。
1)省エネ法トップランナー基準相当の住宅
2)一次エネルギー消費量等級5の住宅
3)一次エネルギー消費量等級4の木造住宅
4)断熱等性能等級4の木造住宅
5)省エネルギー対策等級4の住宅

省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?

□エコリフォーム

すべての住宅が対象で、1)窓の断熱改修、2)外壁、屋根・天井又は床の断熱改修、3)設備エコ改修のいずれかの工事が必須です。また、必須の工事と4)その他工事を組合わせることでポイント発行対象となります。発行ポイントの上限は、1戸あたり300,000ポイントです。
ポイント発行申請は、工事完了(即時交換工事を含む)後の申請が基本ですが、リフォーム工事にかかる費用が税込1,000万円以上の場合は工事完了前に申請することが可能です。なお、タイプにより申請書類や申請方法が異なります。
申請書類タイプは、「戸別申請(ポイント発行申請)」「戸別申請(工事完了前ポイント発行申請)」「一括申請(ポイント発行申請)」「一括申請(工事完了前ポイント発行申請)」の4種です。
1)窓の断熱改修
改修後の窓が平成25年基準もしくは平成11年基準に規定する断熱性能等に適合するよう行う次のいずれかに該当する断熱改修が対象となります。
・ガラスの交換:既存の窓を利用して、複層ガラスに変更する。
・内窓設置:既存窓の内側に新たに窓を設置する。
・外窓交換:既存窓を取り除き、新たな断熱窓に交換する。

窓の大きさの区分及び改修方法に応じて定める下記のポイント数に、窓の枚数又はガラスの枚数を乗じて算出したポイント数が発行されます。

省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?

2)外壁、屋根、天井または床の断熱改修
改修後の外壁、屋根、天井又は床の部位ごとに、一定の使用量以上の断熱材を使用する断熱改修が対象となります。ただし、省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象です。
改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、下表に示すポイント数が発行されます。

省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?

3)設備エコ改修(エコ住宅設備を3種類以上設置)(図2)
エコ住宅設備は、太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓の4種類で、それぞれ省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録された製品を使用する改修が対象となります。
「窓の断熱改修」又は「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」を行わない場合は、エコ住宅設備の内、3種類以上を設置する工事が対象となり、「窓の断熱改修」又は「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」を行う場合は、エコ住宅設備3種類未満でも対象となります。 設備ごとに下表に示すポイント数が発行されます。

省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?
※設置台数に関わらず1戸あたりのポイントとなります。

省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?

4)その他の工事
「窓の断熱改修」、「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」、「設備エコ改修(3種類以上)」のいずれかと併せて実施する場合に対象となります。
①バリアフリー改修
対象工事は、以下の工事で、バリアフリー改修促進税制の工事内容に準じます。
・手すりの設置:便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路に手すりを取り付ける工事。発行ポイント数は6,000ポイント。
・段差解消:便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の段差を解消する工事。発行ポイント数は6,000ポイント。
・廊下幅等の拡張:介助用の車いすで容易に移動するために通路又は出入口の幅を拡張する工事。発行ポイント数は30,000ポイント
②エコ住宅設備2種類以下
対象及び発行ポイント数は、先述の設備エコ改修と同様です。
③リフォーム瑕疵保険への加入
対象となるリフォーム瑕疵保険に対して、1契約当たり 11,000 ポイントが発行されます。
④耐震改修工事
対象となる耐震改修工事に対して、1戸当たり 150,000 ポイントが発行されますので、この場合、エコリフォームの発行ポイントの上限が1戸あたり450,000ポイントとなります。

5)既存住宅購入にともなるエコリフォームによるポイント加算
既存住宅の購入に伴い、エコリフォームを行う場合に加算されるポイントです。対象は平成26年12月27日以降に売買契約を締結し、売買契約締結日から、エコリフォームの工事請負契約締結日の期間が3か月以内の場合にポイントが発行されます。
なお、既存住宅購入加算で発行されるポイント数は、他のエコリフォーム対象工事等で発行されるポイント数の合計と同数のポイント数としますが、100,000 ポイントが上限となります。

◆申請期間

ポイント発行申請期間:平成27年3月10日受付開始 ※期限は予算執行状況に応じて公表
ポイント交換申請期間:平成27年3月10日受付開始~平成28年1月15日

◆完了報告期限

□新築エコ住宅

1)戸建て:平成28年9月30日
2)10階以下共同住宅:平成29年3月31日
3)11階以上共同住宅:平成30年3月31日

□エコリフォーム

1)戸建て:平成28年9月30日
2)耐震改修を実施する10階以下共同住宅:平成29年3月31日
3)耐震改修を実施する11階以上共同住宅:平成30年3月31日

◆ポイント交換

発行されたポイントは、以下のような商品等と交換可能になります。

□商品との交換

1)省エネ・環境配慮に優れた商品(エコ商品、エコ商品券等)
2)地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援商品)
3)全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)

□環境寄附・復興寄附

様々な環境保全活動等を実施している団体への寄附や、復興支援のための寄附をすることができます。

□即時交換(平成28年2月15日までに完了報告が可能な場合のみ)

エコ住宅の新築、エコリフォームにより発行されたポイントを、当該工事を行う工事施工者が追加して実施する工事の費用に充当するものです。
ポイントの発行対象となる契約を締結した事業者が行う追加・グレードアップ工事が対象です。 利用するポイントは、1ポイント1円で換算され、1,000ポイント単位での充当となります。
以前の制度よりも充実した「省エネ住宅ポイント制度」を使ってお得にリフォームするなら、まずは信頼できる業者の選定が急務です。「省エネ住宅ポイントは予算がなくなり次第終了となります。遅くとも同年11月30日までには締め切られます。ちなみに、以前のエコポイント制度の際は、多くの申込み夏前に集中し、予定よりも繰り上げて終了となっています。ちなみに、今回の制度に計上されている補正予算は805億円で、前回に比べ4割程度少なくなっています。お得なポイントを獲得するためには、早めのリフォーム&速やかな申請が必要です。まずは、お近くの信頼のできる工務店やリフォーム会社に相談してみましょう。 なお、省エネ住宅ポイント事務局のHPはこちらをご覧ください。

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

その他
その他
講座No.009「家の臭いが気になりませんか?」
講座No.015「地震対策はちゃんとやっていますか?」
講座No.016「照明器具が汚れていませんか?」
講座No.023「カビや結露が出ることはありますか?」
講座No.024「寒い冬には暖かい部屋~部屋の防寒対策~」
講座No.025「家の外観全体を模様替えする気持ちはありませんか?」
講座No.030「夏に部屋が暑くてつらい思いをしていませんか?」
講座No.031「自然エネルギーで夏の暑さ対策をしてみませんか?」
講座No.035「健康的な暖房について考えてみませんか?」
講座No.037「照明の省エネ化は済んでいますか?」
講座No.040「住まいが健康を脅かしていませんか?」
講座No.041「無理して省エネ&節電していませんか?」
講座No.043「わが家で再生可能エネルギーをつくろう」
講座No.044「光だけじゃない!太陽熱も利用しよう」
講座No.047「今、使わず空いている部屋はありませんか?」
講座No.048「冬のエコライフ講座 in 保土ヶ谷公会堂」
講座No.051「室内を全面的に改装して、気分転換したい気持ちはありませんか?」
講座No.058「風通しの悪い家だなぁと、感じたことはありませんか?」
講座No.060「寝室が狭くて窮屈を感じていませんか?」
講座No.062「家の中にゴキブリや虫が多いと感じたことはありませんか?」
講座No.068「家族、兄弟が集まったとき、リビングが狭いと感じていませんか?」
講座No.083「省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?」
講座No.091「玄関の下駄箱が小さくて不便になっていませんか?」
講座No.092「本棚に本をすっきり収納してみませんか。」
講座No.093「家の中のデッドスペースを有効活用しませんか?」
講座No.094「便利なお掃除アイテムと掃除のポイントの紹介」
講座No.095「DIYで断熱効果を高める」
講座No.097「寒さを解消するための簡易的な暖房方法」
講座No.099「住まいを快適にできる生活雑貨をご存知ですか?」
講座No.100「中古マンションを購入したけど有効なリフォームとは?」
講座No.101「5分でわかる冬の色々リフォーム」
講座No.103「あなたのお住まいの防犯対策は大丈夫ですか?」

自然素材主義パートナー紹介