ちょっと本格的なDIY講座~住まいの学習館(通信講座)~

住まいに関する知恵や技術を学ぶことが出来る通信講座や体験イベント情報を紹介

通信講座No.100 「中古マンションを購入したけど有効なリフォームとは?」

講座No.100-2 「マンションリフォームのポイント」

まずは、ご自身でお住まいになる完成イメージと入居までをスケジュールに落とし込んでカレンダーを作成しましょう。新しい住まいの快適な空間つくるは、住む人の気持ちを変え、より豊かな時間を作り出す効果もあります。間取りを変えるような全面的なリフォーム(リノベーション)だけでなく、部分的なリフォームでも入居前に完成したいものです。そのために、中古マンションの物件探し、申し込み、契約、引き渡しと同時進行でリフォーム計画を進めていくことをお勧めします。壊れたものを直し、古くなったものを交換するだけでなく、完成イメージを実現するため無理と諦めず、デザイン力や設計力があり施工管理のしっかりした工務店やリフォーム業者に相談してみると良いでしょう。そこで、リビングを広くするために考えられる方法をいくつかご紹介します。では、まず全面的なリフォーム(リノベーション)と部分的なリフォームを比較し、リフォーム内容の優先順位整理してみましょう。


◆全面的なリフォーム(リノベーション))TAG index


メリット・・・間取り変更、動線の見直しも自由自在 自分好みに部屋の配置を考え暮らしやすい住まいにすることも可能です。新築での購入は予算オーバーしてしまう好立地な物件を中古マンションなら安価に購入できます。また、リフォームしただけでは住めない物件も候補に入れられる為、構造的な問題をクリアする物件を探せば選択肢は広がります。


デメリット・・・スペース減の可能性、工事期間の超過、 古い建築基準法で建てられたマンションは、現在の耐震基準、建築基準法、消防法に合わせる必要があれば大規模な耐震工事の必要性や見えないところでの手抜き工事などが見つかるかもしれません。築年数と建てられている場所には十分な注意が必要です。また、住めるようになるまでの検査や設計、施工の打ち合わせにも多くの時間を必要とします。


◆部分的なリフォームTAG index


メリット・・・低予算、好みの仕上がり、手軽な工事期間 新築に比べて好条件(駅近、広い面積)の物件が安価に購入できる。また、中古マンションはリフォーム済みより、リフォームしていない物件は割安に購入できます。予算を考え簡単にリフォームして住むことのできる程度の築浅物件を選んで、間取りはそのまま活かし、老朽化した部分や自分好みの内装(クロス・塗り壁)や設備機器の取替リフォームをすることは思い通りの仕上がりに満足できる可能性が高いと思われます。


デメリット・・・間取り変更などの自由度は低い、強度の心配あり リフォームの場合、間取りや動線の変更は行わない為、空間づくりの自由度は低くなります。もし、スケルトン(間仕切り壁撤去)や柱位置の移動を行うならば、リノベーションに近い構造的な部分の補強を必要とするため大幅な予算超過となります。また、古い建築基準法で建てられたマンションは、強度に不安が残ります。
全面的なリフォーム(リノベーション)と部分的なリフォームの比較を確認したら、次に希望や要望を整理しましょう。一番大切なのは、施工業者にきちんと希望を伝えることであり、それがマンションリフォームを成功させる鍵とも言えます。希望をきちんと伝えるために、順序よく家族の希望や要望を整理してみましょう。


1.家族の生活を見直してみよう
まず、家族の生活を見直しましょう。それぞれの生活スタイルや趣味、食事のスタイルなどを整理して書き出しておきます。ペットや来客のことも忘れずに、見直しましょう。


2.現在の住まいの不満を整理してみよう
次に、現在の家に対する不満や改善したい点を洗い出しておきましょう。収納スペースが不足しているとか、使い勝手の悪い部分など、誰の不満かも分かるようにしておくとよいでしょう。


3.家族の希望や要望をまとめてみよう
リフォームに対する希望や要望を家族全員で話し合い、まとめていきましょう。 まず、インテリアのイメージなど、住まい全体に関する要望を整理します。住宅雑誌など、希望のイメージに合う資料があれば集めておくとよいでしょう。次に、キッチン、リビング、お風呂、個室など部屋別の要望を整理します。設備に対する要望も加えておきます。最後に、リフォーム後に使う家具や家電機器なども整理しておきましょう。


家族の希望を整理し、十分な話し合いをすることが大切です。全面的なリフォーム(リノベーション)と部分的なリフォームどちらが希望に適しているかで購入する中古マンションの候補が変わってきます。また、物件の価格とリフォームにかかる費用を合わせて考えることで明確な予算も見えてくるはずです。せっかくの新しい住まいですから、限られた予算内でできるだけ理想に近づけるために、本当に必要なものから優先順位をつけておくことが大切です。  

同じカテゴリーの通信講座をピックアップ

その他
その他
講座No.009「家の臭いが気になりませんか?」
講座No.015「地震対策はちゃんとやっていますか?」
講座No.016「照明器具が汚れていませんか?」
講座No.023「カビや結露が出ることはありますか?」
講座No.024「寒い冬には暖かい部屋~部屋の防寒対策~」
講座No.025「家の外観全体を模様替えする気持ちはありませんか?」
講座No.030「夏に部屋が暑くてつらい思いをしていませんか?」
講座No.031「自然エネルギーで夏の暑さ対策をしてみませんか?」
講座No.035「健康的な暖房について考えてみませんか?」
講座No.037「照明の省エネ化は済んでいますか?」
講座No.040「住まいが健康を脅かしていませんか?」
講座No.041「無理して省エネ&節電していませんか?」
講座No.043「わが家で再生可能エネルギーをつくろう」
講座No.044「光だけじゃない!太陽熱も利用しよう」
講座No.047「今、使わず空いている部屋はありませんか?」
講座No.048「冬のエコライフ講座 in 保土ヶ谷公会堂」
講座No.051「室内を全面的に改装して、気分転換したい気持ちはありませんか?」
講座No.058「風通しの悪い家だなぁと、感じたことはありませんか?」
講座No.060「寝室が狭くて窮屈を感じていませんか?」
講座No.062「家の中にゴキブリや虫が多いと感じたことはありませんか?」
講座No.068「家族、兄弟が集まったとき、リビングが狭いと感じていませんか?」
講座No.083「省エネ住宅ポイント制度をご存知ですか?」
講座No.091「玄関の下駄箱が小さくて不便になっていませんか?」
講座No.092「本棚に本をすっきり収納してみませんか。」
講座No.093「家の中のデッドスペースを有効活用しませんか?」
講座No.094「便利なお掃除アイテムと掃除のポイントの紹介」
講座No.095「DIYで断熱効果を高める」
講座No.097「寒さを解消するための簡易的な暖房方法」
講座No.099「住まいを快適にできる生活雑貨をご存知ですか?」
講座No.100「中古マンションを購入したけど有効なリフォームとは?」
講座No.101「5分でわかる冬の色々リフォーム」
講座No.103「あなたのお住まいの防犯対策は大丈夫ですか?」

自然素材主義パートナー紹介